FC2ブログ

音楽屋ルード館

音楽屋ルードによる、CDレビューや音楽のお話

MISOGI EP / Grapevine

  1. 2012/12/19(水) 23:05:24_
  2. CDレビュー
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
MISOGI EP(通常盤)MISOGI EP(通常盤)
(2012/02/15)
GRAPEVINE

商品詳細を見る



90年代終り、戦慄的にデビューし、その後は淡々と、地味ながらも誠実な活動を続けるJ-Rockシーンの草分け「Grapevine」の最新作。この作品でも、その誠実な音楽との距離感は相変わらずで、特に今回も言葉には重みがあります。

そして、彼らの良いところでもあり、この作品にも聴きやすいナンバー「RAKUEN」が含まれています。彼らの作品には、必ず耳馴染みの良いナンバーが含まれており、玄人趣味で複雑な音楽性にいつもポピュラリティを保ってくれています。

彼らは、デビュー当時「ミスチル」の再来と言われておりました。しかしながらも、誤解を恐れずに言うならば、この言葉の語弊がシーンやまた当人たちにも良い影響をは与えなかったように思います。私個人の感覚では、ミスチルに通ずるイメージは微塵も持てませんでした。

Mr.Childrenというバンドは、日々の生活や感情を丁寧に描きながらも、その先にいつも光を見出しているバンドだと、私は捉えています。それに対して、Grapevineは、光の見えない日常や生活を描きながらも、その暗闇自体を肯定しているスタンスのように感じられます。光が見えない、そのこと自体を丸ごと肯定して、そして淡々と過ごすことをしあわせとして描き続けているように受け取っております。

そうした観点からも、二つのバンドの描いている世界観は、まるで重なることはありませんでした。また、やさしさというキーワードをここで敢えて挟ませて頂きますと、冷たい風もいいじゃない、変にやさしくせんでも、冷たいならそれで、それがいいんじゃないかな、という温度感、そんな温度感が実は当時の時代の風に、うまくフィットして私たちにも馴染みが良かったのではないかなぁと、私は思っています。

そして、今回の作品ですが、そういったバンドのスタンスを継続しながら、「RAKUEN」という、まさにGrapevineそのもののような作品で、幕を飾っていることに、とても嬉しさを感じております。
スポンサーサイト



テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽


<<WAR / U2 | BLOG TOP | -ダンサー・イン・ザ・ダーク->>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


▲PAGETOP